スポンサーサイト

上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。

30代は楽しくないわけじゃないですよ

一昨日、TAEちゃんとSA-YANに溜まってたものを吐き出してしまいました。時々、「まいっか」と思えることと本当は自分が嫌だと感じることの境界線がわからない時があって。それに気づかないまま気にしないでいたつもりが、実はストレスに感じてて。気づいた時には溢れそうになり...いっぱいいっぱいになってしまいました。

さらにイベントで忙しくなって学習者としても、語学リーダーとしても未熟な自分に自己嫌悪してまたイラついて。はたから見ても最悪だったと思う。イライラを隠せないくらいダメダメだった。反省。

そんな話とかもっと前の過去のことまで包み込むように聞いてくれて、救われました。大学は入るまで本当にいろんなことがあって、苦しかった分をどうしても取り返したくて生きてる間にできることは何でもやる。

やりたいことも全部やるのが私にとってのいい人生と思い込んでたところがあったけど、だからって走り続ける必要はないんだよなーって。ずっと全速力で走ってたらTAEちゃんみたいな人がいることに気づけないもん。

そうそう、以前書いたスタッフAさんの30代は楽しくないらしい説は訂正します(笑)本人に30代が楽しくないていうわけじゃないと言われました(笑)

でも、それなら否定的なことを後に持ってこないで、肯定的なことでフォローしてくれないと。

「楽しいけど、いろいろあるんだよね」っていう人より

「いろいろあるけど、楽しいよ」っていう人の話を聞きたくなるし、希望や期待が持てると思いませんか?

いいことしか言わないのもおかしいしずるいけど、多少演じたって人生の後輩たちに希望を見せるのも役割の一つじゃないですか?大人がもっとかっこよければ子供はぐれたりしないと思う。

っていうのは極論として(笑) 本の受け売りです

でも本当にそう思っていて、実はいろんなことに通じることじゃないかと思っていて。

私が日本語教師として成功したいのは、自分の成功だけじゃなくて

こんなに面白くてやりがいのある仕事なんだよって後輩たちに知ってほしいから。

こんなに魅力あるのに、大学で学んでも一般企業に流れていくのは、

安定してやっていくのが大変っていう現実があるから。

まだ一般的認識度は低いし、誤解も多い。

私だって知らない職業もたくさんあるし仕方無いんだけど。

もっと認識されて正当な評価を受けられるようにしたい。そして、自立してちゃんとやっていけるんだよっていうことを証明したい。

そしてなりたいなって思う人を増やしたい。

なんか、かっこいい!そう思ってもらえるのが一番うれしい気がする。

そういう時、人って日本語教師っていう職だけじゃなくて、生き方をみて感じると思うから。

もう私も十分大人だと言われるかもしれないけど、

大人になったからって成長が止まるわけじゃないもんね。

だから私は、常に今が一番楽しいと思える人生を歩もうとする人でいたい。

もちろん先のことを考えない今楽しければいいってことじゃなくて。

先にどんな楽しいことが待ってるか考えるだけで今楽しくなるよね。

そういう人生を送りたいって意味です。

綺麗ごとかもしれないけど、それでも実現させようとする人間が一人ぐらいいてもいいよね?

私の知ってる大人になにか新しいことややりたいことが見つかった時

とりあえず10この出来ない理由を挙げる人がいる。(たぶん無意識)

リスク管理の面では大人として当然で必要なことかもしれない。

でも彼女はそのリスクに対して対策案を立てるでもなく、

結局は出来ない言い訳にしてやらない。

ちょっとの努力で解決することもありそうなのに。

やるかやらないかを決める前にできるかできないかで悩んでやめてしまう。

いつもすごくもったいないなって思ってたんだけど。

何も天地をひっくり返せっていってるわけじゃないのにっておもってた(笑)

私の考えを押し付けるつもりはないけど

それができるたらどんなに楽しいか、どんなにうれしいか、そのためには何ができるか

そんな風に考えたら考えてる時間も楽しい、実現性も高まらないかな?と思うのです。が、まだ確信があるわけでは...結論は私の人生が終わるときにならないと出ないね。

あ~あまた言いたいことのまとまらない自分本位意の文章を...






スポンサーサイト

今日は何の日?

今日12月3日は何の日か知ってますか?






秩父夜祭』の日です。





『秩父夜祭』ってなに?と思った方はネットで検索してください。
そして覚えてくださいね。


私の地元のお祭りで日本三大曳山祭の一つです。

夜祭が近づいてくると、町内で屋台囃子の練習が始まります。

お囃子が聞こえてくると冬が来たなぁと思います。

それが聞けないだけでもさびしい。

中国行くことで、唯一残念なのがこの先2年も行けないってこと。

子供のころから欠かさず行ってるし、大学に入ってからは

留学生の友達をひきつれてお祭りに行くのが冬の一番の楽しみだったんだ。

地元を離れるまで知らなかったんだけど、

普通お祭りって“何月の何週目の日曜日”ていうように決まってるんだね。

夜祭は12月2,3日の日にちで決まってるから、平日に当たる年もあります。

なのに、欠かさず行けるのは、小中学校は夜祭の日はお休みになるのです。

高校はさすがに午前中だけ授業あるけどね(笑)

見どころはいっぱいあるんだけど、

せっかくだから6基出るうちのどれか1基ぐらいは近くで見てほしい。

迫力ある山車の大きさを感じてほしい。

山車はかなりの高さがあるので、祭りの日は通行止めになるのはもちろん、

信号機はぶつからないように道路に平行になるように移動されます。

↑説明が難しい...意味分かるかな?

 

山車の下には見えないところにも人が乗っていて、屋台囃子を演奏してます。

その音がいいの!耳に聞こえてくるんじゃなくて、おなかに響く感じ。

山車が近づいてくるとともに大きくなる屋台囃子を聞くとすごく気持ちが高ぶるんだ。

毎年見てる同じ光景なのにね。

 

そして、何より見てほしいのが花火!!

私は秩父夜祭の花火が1番だと思ってます。

感情の問題であって、たぶん今後どこのどんな花火を見たところでそれは変わらないのかも。

でも、ひいき目抜きにしても、夜祭の花火は一見の価値ありです。

大学の恩師曰く“秩父夜祭は授業さぼってでも行く価値がある”

「別に行けとは僕は言わないけど...」

と前置きしてたけど、言ってることは同じだよね?(笑)

ここに動画を載せるのは簡単だけど、ぜひ自分の目で見てほしいです。

花火に対する何かが変わるかも。

花火に興味がない人ほど見てほしいな。

夏の花火とはまた違うんです!

空も空気も澄んでいて、より一層綺麗に光が散ります。

特に大尺玉があがるときの音は“胸が高鳴る”という表現がぴったり。

そして花火が開くときの音がまたお腹に響くんです。

それは動画じゃ体験できないからね。

ただし...凍えるほど寒い(・_・;)

みんな震えながら花火を待ちます。

それもまた夜祭の醍醐味だと思う。

防寒対策さえしっかりしてれば、

屋台のおいしいもの食べて、お酒飲んで...最高の時間が過ごせるはずです。

長々と書いてるうちに日付が変わっちゃた~。

私が日本にいる時なら案内するし、花火の絶景ポイントも教えますよ~☆

11 | 2009/12 | 01
Su Mo Tu We Th Fr Sa
- - 1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31 - -
プロフィール

Author:TAMAMI
FC2ブログへようこそ!

最新記事
最新コメント
最新トラックバック
月別アーカイブ
カテゴリ
検索フォーム
RSSリンクの表示
リンク
ブロとも申請フォーム

この人とブロともになる

QRコード
QRコード
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。